恋愛研究所〜彼女道〜

【理系新入生向け】 初めての飲み会はコミュニケーションよりも準備がすべて!

time 2019/03/30

【理系新入生向け】 初めての飲み会はコミュニケーションよりも準備がすべて!

飲み会に初めていく理系新入生「初めていく飲み会、緊張するな・・・。うまく初対面の人とコミュニケーション取れるかな?理系の学部に行くために勉強ばかりしてたから飲み会でのコミュニケーションは自信ない・・・。どうしたらいいんだろう?」

このような疑問を解決します!

本記事の内容

  • 理系新入生は必ずどんな飲み会なのか調べよう
  • 話題を準備してから飲み会に参加する理系新入生がコミュニケーションで最強
  • 理系新入生は、お酒の飲む量を間違えやすい
  • コミュニケーションよりも飲み会で理系新入生が大切なものまとめ

飲み会。それはコミュニケーション能力がとてもとても大切になる場所です。

しかし、「コミュニケーションに自信ないな〜・・・。」という人はたくさんいるはず。

そんな人たち、今回はその中でも特に「理系」の人に向けて今回は記事を書いていきます。

僕も新入生の頃は飲み会で失敗ばかりでしたが、営業バイト・集団塾バイト・ナンパを1年以上続け、会話のコツを見つけることができました。

そこで今回は「コミュニケーションよりも大切な飲み会前の準備」について話していきます。

※この記事は4分で読むことができます。4分後には「コミュニケーションを意識しなくても飲み会で成功する理系新入生」になっているはずです!

理系新入生は必ずどんな飲み会なのか調べよう

理系新入生、飲み会の情報を調べる画像

なぜ飲み会の下調べが必要なのか

あまり言われない事ですが、初めての飲み会ではどのような飲み会かを調べることが一番大切です。

なぜなら、飲み会が楽しいか辛いかはその飲み会の雰囲気によってほぼ決まってしまうからです!

どのような雰囲気か分からなければ、その時点で飲み会は理系新入生にとってはほぼ失敗といってもいいでしょう。

自分が初めて行った飲み会の話です。

飲み会に行くのは初めてだったので、もちろん飲み会がどのようなものか知りません。

何も情報を調べずに能天気に参加したことを覚えています笑

そんな中で満を辞して会場に到着すると、飲み会の場にはウェイウェイしている文系の人たちの群れが・・・。

仕方なく飲み会に参加した僕でしたが、話題は僕のオタクスタイルの服装になり

ウェイ先輩女子 「君!その服装なに~笑笑」

ウェイ先輩男子 「うわっほんまや 陰キャラかよ笑笑」(指さし大声)

ウェイ先輩女子 「ちょっとは服装気にしなよ~笑笑」

僕         「あっ、でもこの上着昨日買ったやつで…」

ウェイ先輩女子 「えー!それユニクロっぽいー!!!笑」

ウェイ先輩男子 「ていうかユニクロじゃん笑 それは無いわぁー笑笑」

この飲み会の為にちょっといい服(ユニクロ)を買ったつもりの自分はここでハートブレイクしました。

その後の会話も、サッカー選手やら、ドラマの俳優やらの話で、話を振られても全く返せず、途中で用事があると言って飲み会から逃げました。

ここで伝えたいことは、僕みたいにならないために、「自分が行く飲み会の雰囲気を事前に知っておこう!」ということです。

飲み会について具体的に事前に調べるポイント

具体的には以下のポイントを確認するといいと思います。

  • 友人が参加しているか
  • 自分の雰囲気とあっているか
  • 自分が興味のある分野のグループの飲み会

◆友人が参加しているか

自分の友人が飲み会に参加しているかは非常に重要です。

もし飲み会の中でボッチになってしまったとしても、友達がいたらリカバリーが効きます。

友達と二人で初対面の人に話しかけに行くのもありですしね(ハードル高)

参加してそうな友人にLineを送ってみてください。

参加してなければ、不安に感じていることを伝え、一緒に行ってもらいましょう。

◆自分の雰囲気と合っているか

雰囲気が合わなければ、行く意味がありません。

雰囲気が合わない場に行くと、ずっと窮屈に感じ、思いっきり楽しむことができません。

わざわざストレスを感じに行く必要はないと言うことです。

飲み会に行く前は今一度、自分とその飲み会を照らし合わせて、合っているか確認しましょう。

自分が興味のある分野のグループの飲み会か

興味のない分野の飲み会に行くと、びっくりするほど面白くありません。

基本的に飲み会ではその分野の話が主になるので、コミュニケーションに参加できない人は蚊帳の外。無視されてしまいます。

興味のある分野・これから始めたい分野以外の飲み会に参加するのは経験上お勧めできません。

■話題を準備してから飲み会に参加する理系新入生がコミュニケーションにおいて最強

コミュニケ―ションが上手くとれる理系新入生画像

面倒臭いなぁ…と思う人もいると思いますが、話題の準備も飲み会では重要です。

飲み会に行くと会話が途切れることがよくあります。

そんな時に事前に会話のネタを持っていると、自然に会話を切り出すことができるのです。

そして、この会話のネタには「イエス/ノーで答えられない」質問を用意しておきましょう

例えば「OOさんって部活動は何をやってましたか?」とかですね。

こういう質問を用意しておくと、

「弓道をやってたんですよ~」とかしゃべってくれるので、そこから話題を広げることができます。

もし話題を広げることに自信がなければ、その人がやっていたことについて聞くのが一番です。

例えば「弓道ってどんなルールなんですか?」と聞けば、確実に話題は続きます。

それでも話題が途切れるようだったら自分のことを話しましょう。「自分は書道部に入っていて~」と話していけば自然な流れで会話が続けられます。

サークルや高校の時の部活、バイトなどの話題を用意して飲み会に向かいましょう。

■理系新入生なら自分がどれだけお酒を飲めるのか調べよう

理系新入生の飲めるアルコール量

自分が一体どのぐらいアルコールを摂取すると限界を迎えるのかを知ることは飲み会前のイニシエーションといっても良いでしょう。

この理由はとても分かりやすいですね。

あまりにも酔ってしまうと、せっかく良い感じに喋れていたとしても、それが台無しになってしまうからです。

ただ、自分がどれくらいお酒を飲んでも大丈夫かというのはかなり難しい問題です。

例えば、お酒を飲むペースが早ければ、普段の倍の速度で酔うようなことも珍しくないです。

自分の体験談なのですが、お酒の容積×アルコール度数で自分の飲めるアルコール量を計算したことがあります。

その後の飲み会で、その範囲のアルコールなら飲んでも大丈夫かと思って、慣れない種類の酒を早いペースで飲んでいたら、次の日二日酔いで倒れて動けなくなり、病院で輸血と言う結果になりました。

きちんと考えてみれば、アルコールの摂取については総量ではなく、肝臓での処理許容量のほうが大事なのに、なぜか「自分は取れるアルコール量は既に計算してるから大丈夫!」と思い込んでいました。

しかし、理系の友人たちに聞いてみると、10人中9人は同じように、自分の飲めるアルコールの総量の計算をしていて、そのだいたいが、計算もむなしくぶっ倒れた経験があるそうです。

自分がお酒を飲める量は アルコール量×飲むペース×体調の良さ

くらいの感覚でいて、アルコール量だけに気を取られないようにしましょう。

■コミュニケーションよりも飲み会で理系新入生が大切なものまとめ

①どんな飲み会なのか調べよう

あまりにも雰囲気があわない飲み会に行くのは止めるのもあり!

②話題をいくつか準備しておこう

面倒臭くても、これをやっておくと会話が自然にできるぞ!

③自分が飲めるお酒の量を確認しよう

飲んだアルコールの総量だけを気にしていたら痛い目をみるぞ!

この3つの準備をしっかりして、ぜひ初めての飲み会をハッピー溢れるものにして下さい。

そして、明らかにこの飲み会には雰囲気が合わないなと感じたら断ったり、ドタキャンするのもありだと思います。

最後に

飲み会の機会はどうせこれからたくさんやってきます。最初の飲み会くらいは趣味の合う人たちと楽しくしましょう!

ご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m

down

コメントする